地方都市(山梨)での転職活動の中で注意したいこと

私は以前東京に住んでいて、その時は、転職エージェントや転職サイト、派遣会社といったところを使って就職活動をしていました。

しかし今、山梨という地方の田舎町に引っ越してきて、就職活動をするにあたり、東京のような気持ちで就職活動をしようとしても通用しないということを痛いほど思い知りました。

転職エージェント、転職サイトが役に立たない

まずは転職エージェントに関してですが、そもそも山梨県の求人がエージェントの求人の中にありません。

もし仮にあったとしても、東京もしくは全国規模の大きな会社が、山梨にある支店もしくは工場の、支店長や経理部長レベルの人材を募集するような、自分とはまったく縁のない人材の求人だったりします。問い合わせても門前払い必至です。

転職サイトも同様です。

転職サイトに載せられる在山梨の企業といえば、東京にも事業所があるような眼を広く開いた企業です。

事務職はほんのわずかしかなく、大概は居酒屋チェーン・ファミレスチェーン・コンビニオーナー・パチンコなどのアミューズメント、といった業種がほとんどだったりします。

山梨県内の企業事情

山梨県内のいい企業は、大概居心地がよくあまり人が辞めません。

長く働く(女性なら)お局みたいな人がいます。必ずいます。

そして、かりに新しく人がはいっても、大事にされず、古参が幅を利かせ、新しい人が根付かないということの繰り返しです。

ですから、東京など首都圏の会社と違い、転職は自分をより高めるためのものではなく、生活のため・現状維持のためといったところです。

そのような背景がありますので、山梨県内での転職活動は、会社優位の買い手市場です。

実力のある人材も、人間関係の難しさで、多くあぶれているのです。

しかも適材適所で生かされるということがありません。

転職するときの注意点

上述のように、公平に会社を測れる、転職エージェントや、転職サイトの情報がないここ山梨では

転職の大部分は、ハローワークの求人に寄ります。

ハローワークで少ない求人の中から自分の希望になんとか擦りあうような企業へのを探し出し、紹介状を書いてもらいます。

長くハローワーク求人を観ていると、いつもいつも求人募集をしている企業が散見できます。

それらは、転職者につらく当たり、みんなやめていく会社なのだろうと思います。

そういう会社が山梨には多くあります。私もそのような会社に数社巡り合ってしまったことがあります。

そんな会社が多いのもあり、山梨では起業する人が多いのです。

そして独りよがりの社長がまた生まれ、同じように搾取される人材がまた生まれてしまうという繰り返しです。

山梨では、家族経営や2-3人でやっている小規模の事業署ばかりです。

そういう会社は、大抵社長自身や古参を大事にするとんでもない会社なので、

そういう会社はハローワークの段階か、または面接の段階で、こちらから辞退する方が賢明です。

何度か痛い目を見て、私がようやく気付いた、山梨での転職活動で注意したいことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です