Architecture for Humanity閉鎖のお知らせ

まきビズは米国NPO法人Architecture for Humanityが世界中からいただいた寄付を基に東日本大震災復興支援を目的として設立されました。

 

Architecture for Humanityは1995年アメリカサンフランシスコで誕生しました。設立者で建築家であるキャメロン・ディアスは、建築が貧しい人にも病める人にも全世界のあらゆる人のためにあるべきだとの考えで、貧困や紛争、自然災害によって居場所を失くした人々のためにデザインを通じて支援を行おうと団体を設立しました。

 

それから15年、様々な国であらゆる支援を行ってまいりましたが、財政的理由により2014年12月やむなく閉鎖することとなりました。

 

今までに全世界中の非常に多くの方々にご支援いただいたおかげで活動をすることができました。この場をもって改めてお礼申し上げます。

 

また、これからもArchitecture for Humanityの精神は関わっていただいた全ての人に受け継がれ、継続していくことと思います。現に私たち日本法人や、ニューヨーク、イギリスにおいても活動を継続しています。これらの団体も含めて今後ともどうぞよろしくお願いします。

Architecture for Humanityのこれまでの活動について→こちらをご覧ください

Architecture for Humanity理事会の発表について(閉鎖のお知らせ)→こちらをご覧ください